So-net無料ブログ作成

続 白鵬翔とのショートメール!

続 白鵬翔とのショートメール!
『 孤独な ひとり旅 』
安保政策研究会理事長 浅野勝人

「右膝の骨を骨折。頑張ったけどダメです。すいません。巡業を切り上げて東京へ戻って入院、手術。早く治して次の場所に具(そな)えます。白鵬翔」(2018/10月12日、午前10時12分)
「全勝優勝。幕内1,000勝。先場所、見事にけじめをつけました。先ゆきの心配は無用。安静、治療に専念することが肝要です。白鵬翔の“レジェンド人生”はこれからです。 浅野勝人」(同日)

10月14日、骨折公表、報道。
17日入院、18日手術と決まる。手術の成功を祈願!

「先ほど、無事、手術終わりました。ありがとうございました。白鵬翔」(10月19日。午前1時5分)


2018年11月 九州場所  白鵬 全休


2019年1月 東京・初場所(両国国技館)
初日  白鵬 はたきこみ 妙義龍
「休み明けとは思えない鋭い動き。さすがです。欲を出さずにひとつずつ丁寧に取り組んで下さい。勝負は立ち合いの一瞬にある。浅野勝人」(1月13日)
「立ち合いが良かったです。白鵬翔」(同日)

稀勢の里、初日から3連敗。遂に引退を表明(16日)

2002年5月場所の初土俵以来、横綱昇進(2017年初場所)まで休場したのは1度だけの「休まない力士」が、横綱になってからはケガが完治しないまま、無理をして土俵に上がり、ケガを悪化させました。稀勢の里はゲガとの悪循環を断ち切れないまま土俵を去ることになりました。

「案じていましたが、とうとう引退。白稀時代の到来が中途半端に終わって残念至極です。浅野勝人」(3月16日)
「淋しいです。託されたと思っています。白鵬翔」(同日)

11日目  御嶽海 おしだし 白鵬(3秒5)
10連勝の横綱に土 ―
「横綱はやさしい! ケガの力士(御嶽海、全場所 ケガ)をかばった立ち合いの気遣いがTV場面を通じて私には伝わってきました。明日からは引き締めた方がいい。浅野勝人」(1月23日)

12日目  玉鷲 おしだし 白鵬 (6秒2)

13日目  貴景勝 つきおとし 白鵬(3秒9)
白鵬 3連敗
「負け方が奇妙です。ケガの傷みが再発をしていますね。手術した右膝の具合がよくないのではないですか。浅野勝人」(1月25日)

14日目から白鵬休場。膝と足首の故障と発表。

玉鷲が13勝2敗で初優勝。初土俵以来15年間で90場所、休場1日もなし、皆勤。賜杯にふさわしい価値ある優勝です。
2場所連続優勝を逃した22才の貴景勝の未来は無限ですが、34才の玉鷲にとっては、おそらく最初で最後の優勝でしょう。同じウランバートル出身力士の貴重な優勝を、白鵬はどんなにか喜んでいるにちがいありません。

「初場所ご苦労さまでした。1敗目は、御嶽海のケガをかばって、遂(つい)ゆるめたと想像しました。玉鷲には巧い相撲を取られて負けたと思いました。3敗目の貴景勝との立ち合いで、これはただ事ではないとやっと気付きました。ケガの傷みが再発したと推測しました。星取表を遡(さかのぼ)っていくと、4日目、北勝富士との取組で、九分九厘負けていたのに、徳俵でくるりと回ってわずかに残して土俵下に落ちました。あの時、ガツンと右膝を打った? 他に右膝を痛めるケースは思い当たりません。
私の見立てが当たっていたら、5日目以降、痛みを堪(こら)えて土俵を務めていたことになります。貴景勝との取組が痛みのピークだった。私の推測通りなら、相撲にならなかった謎が解けます。
大相撲を支える「ひとり横綱」の責任を果たしたい一心で頑張ったのだと思います。「ひとり旅」は苦しいが、多くの人が敬意を払って見守ってくれています。これでへこたれたら“ 平成の大横綱 ”の名が廃(すた)る。浅野勝人」(1月27日)
「なにもかもお見通しです。わかってくれる人がいると心強いです。しばらく心身を休めます。白鵬翔」(1月27日)


1月28日 横綱審議委員会
ケガで途中休場したモンゴル出身の二人の横綱に「ためにする悪意に満ちた発言」がありました。
宮田亮平委員(文化庁長官)
白鵬は本当にケガをしたのかねえ? 負けが込んで休むのは何か違うと思う。鶴竜について「忘れちゃった。話題にもならなかった。それも困るよな」 苦笑。
北村正任委員長
白鵬、鶴竜の休場について、「変じゃないか」という声があった。大けがをしたようには見えない。


アスリート生命をかけて、ぎりぎり頑張っているスポーツ選手の心身の苦悩をなんと思っているのか。シロウトだからと許せる発言ではない。富田とかいう委員、「あんた文化庁長官ってウソでしょ!」


( 1月30日、朝日新聞 )
横審、ご意見番 果たせているか
 稀勢の里の引退が話題となり、玉鷲の初優勝で幕を閉じた大相撲初場所後の横綱審議員会(28日)で残念な発言が出た。任期満了で退任する北村正任委員長が会見で白鵬、鶴竜の両横綱の途中休場について「大けがをしたようには見えない」などと不満を示した。
 休場したのは、2人とも横綱として満足のいく相撲が取れないと判断したのだろう。ただ、「今、それを言うのか」という気持ちが強い。なぜなら、負傷当初はともかく、横綱最多の8場所連続休場した稀勢の里の時は擁護ばかり。この日も「ファンのためにあれだけ頑張った」とかばった。
 退任に当たり、「実は稀勢の里の時から考えていた」なら分かる。だが、応援する力士がいなくなった途端、手のひらを返したように懐疑的になるとは、とても各横綱を公平に見ているとは思えない。
 以前の横審といえば、好角家の集まりで、外国出身の曙が横綱だった際、日本出身の横綱を望む相撲協会が貴乃花を推挙したときに「時期尚早」と押し返したこともある。現在の横審が、角界のご意見番の役目を果たせているのか。疑問を感じてしまう。(竹園隆浩)


横綱審議会に疑問を呈した竹園記者のコメント。同感です。あなたは、大相撲の「真の理解者」です。
外国籍の力士を異端視し、誤った風潮に警鐘を鳴らす、あなたのような思慮深い公正なスポーツ記者がいる限り、力士たちは安堵して精進できます。

真に大相撲を理解する同士が一人増えたかな!

☆2019年3月  大阪・春場所(大阪府立体育館)
横綱・白鵬 42回目の優勝。 全勝優勝 15回。 

千秋楽  白鵬 下手投げ 鶴竜

投げを打った際、右腕を痛める。激痛。表彰式で賜杯を持てず、土俵の上の理事の手を借りる。

「見事に“平成の大相撲”を全勝優勝で締めくくりました。痛みに耐える右腕の様子を見て、ことばもありません。来場所のことは考えずに、ゆっくり躰を休めて、労(いた)わり、愛(いつ)惜(く)しんでやってください。浅野勝人」(3月24日、夜)
「ありがとうございました。ちょっと肉が切れたみたいです。(右上腕二頭筋切断 = 稀勢の里と同じ負傷)ご心配おかけしましたが、大丈夫そうです。白鵬翔」(3月25日)

― 続編 ― 「続・続 白鵬翔とのショートメール」をお楽しみに・・・(元内閣官房副長官)