So-net無料ブログ作成
検索選択

近頃 出あった佳作2題!浅野勝人

近頃 出あった佳作2題!
安保政策研究会理事長 浅野勝人

☆ 川柳
国会は 真実隠しの尻隠さず  詠み人知らず

添え書き:中庸思考の“異端児”に期待。(河野太郎外相のことか)


☆ 書評
アマゾン・カスタマーレビュー五つ星
書き込み本 : 浅野勝人著「 宿命ある人々 = 孫悟空 ― 追っかけ“西域”ひとり旅」

地図帳を片手に!
投稿者:kaze  2017年8月12日

強い好奇心と目的をもとに実行した、中国西域へのひとり旅の物語。
単なる体験談と思うことなかれ。 『宿命』を追いかけ、謎が謎を呼び、縁が縁を結び、専門的な解説を聞きながら、ぐいぐい引き込まれていきます。

孫悟空の話かと思ったら延暦寺から始まるため、とっつきにくい感があるかもしれませんが、それすらも、次第に、ともにのどの渇きを覚えるほど。
飛ばないフライト、門前払いに、はらはらし、市井の民との自然な対話になごみ、専門家との対談にはっとさせられます。

著者はジャーナリスト出身のプロであり、恐れ多い経歴をお持ちですが、それが邪魔にはなりません。隣国への邪心のない探求心にはきっと誰もが魅かれることでしょう。他の著作も併せて読むと、「こうゆう人が日本の良き時代をリードしてきたんだ。そしてあっさりと引退したんだ」としみじみ思わされます。
序文の中で読者に「あなた」と書いている姿勢が好きです。


kazeさん有り難う! ことばの言い回しから、あなたはきっと女性ですね。スタッフが書いても、こんな素晴らしい書評は書けません。感謝です。(著者:浅野勝人)