So-net無料ブログ作成

◎俳談

◎俳談
【孫は使わない】
俳句は何を詠んでも自由だが、一つだけ駄目な言葉がある。それは孫だ。「孫に名句なし」と言って、孫だけは絶対詠まない方がよい。新聞に投句しても、選者は見ないで捨てる。なぜ駄目かと言えば爺婆と孫の交流など世の中にありすぎていて陳腐そのものだからだ。
それで情景をどう読むかだが、一般の子供として詠むのだ。
拝むこと覚えたる児の花祭り   東京俳壇入選
子供が手を合わせる姿はほほ笑ましい。
春満月電池で点くといふ児かな  産経俳壇入選
孫の言ったことをそのまま詠んだ。
児は起きて団扇の母の眠るかな  産経俳壇入選
ごく普通の家庭に見られる情景だ。
爽やかや稚(やや)の語ってゐるつもり
ばぶばぶでも本人は何か語っているつもりなのである。