So-net無料ブログ作成
検索選択

青森県に初の女性首長が誕生! 浅野勝人

青森県に初の女性首長が誕生! Name:浅野勝人 NEW! Date:2017/04/03(月) 12:16 
 
家系の血は争えぬ!
青森県に初の女性首長が誕生

安保政策研究会理事長 浅野勝人

青森県の外ヶ浜町といっても見当がつかないでしょう。
石川さゆりのヒット曲「津軽海峡冬景色」に「ごらんあれが竜飛岬(たっぴみさき)北のはずれと、見知らぬ人が指をさす」と唄われた竜飛岬(正式には龍飛崎)のある町といえばおおよそ土地勘とイメージが浮かぶでしょう。

人口6,600人、3,000世帯余りの半農半漁の町に県内現職首長最年少の女性町長が誕生しました。女性首長は青森県では初めての“春の珍事”だそうです。

何が起こったかといいますと、3月26日(2017年)投票、即日開票の東津軽郡外ヶ浜町長選挙で、直前に会社員を辞めて出馬した、35才、無所属新人の山崎結子(ゆいこ)候補が、4選をめざした79才の現職町長との一騎打ちに大差で勝利しました。

有権者  5,855人
投票率  78.91%
山崎結子 2,891票
現職町長 1,700票

人口の90%近くが有権者の若者不在の町で1,191票の差ですから、
多くの年寄りが35才を支持した結果です。
山崎結子を支持したパート女性(70)が「このままではいけないという町民の危機感が票にあらわれた」と述べたと河北新報は伝えています。

選挙戦は、町議会議員11人のうち7人が現職町長支援議員団を結成し、建設業者の団体、町職員組合などを結集させた組織戦 vs 個人戦の争いでした。もっともシロウト集団の山崎選対に、町政刷新に共鳴した町長派の中心的存在だった地元選出県議会議員、自民党青森県連幹事長が後援会長として加わりました。現職町長の側には、長男の県議会議員、自民党青森県連総務会長が陣取っていますから、保守分裂選挙の様相となりました。どこの地方にもしばしば見られる光景です。

町政の継続か、刷新かの争いは、山崎候補の「しがらみのない町民ファースト」の訴えが、ベテランによる長期政権を嫌った有権者に入れられて組織選挙体制を寄せ付けませんでした。
新町長は「覚悟と重責を感じ、身が引き締まる思い」と述べていますが、選挙中の公約、例えば、町の基幹産業である水産業の立て直し。
養殖ホタテの貝殻やウロ(内臓)の処分などに具体的な解決策を提示する責任を負っています。

実は、山崎結子は前参議院議員、元総務副大臣、山崎力の次女です。新町長の父親、山崎力は安保政策研究会の理事で、わたしたちの仲間でもあります。
私がNHK政治部記者の頃から懇意だったのは祖父に当たる山崎竜男参議院議員でした。環境庁長官(大臣)になったのですが、国会議員を振り切って青森県知事選挙に出馬し、落選して政治生命を失いました。当時、私は電事連(電気事業連合会)を敵に回して勝ち目の薄い選挙に出るのを思い止まるよう懸命に説得したのですが、原子力発電の推進と核燃料サイクルの確立をめざす電事連が県政に癒着するのを許容できず、無所属で出馬して討ち死にしました。

知事選挙にこだわったのは、青森県知事だった父親の山崎岩男への強い思いがあったからでした。山崎岩男は、新町長の結子さんの曽(そう)祖父(そふ)(広辞苑:ひいじじ)に当たりますが、知事2期目の途中、志し半ばにして病気により退陣のやむなきにいたった無念を晴らしたかったのではないかと察せられます。

教員あがりの曽祖父・山崎岩男は、34才で県議選に出て惜敗します。戦前のこととはいえ、リヤカーを選挙カーに仕立てて戦ったそうですが、お金がなくて法定はがきを有権者に配れなかったのが敗因でした。
2度目の挑戦で県議となり、戦後初の第1回衆議院議員選挙(1946/4月)に駒を進めて当選。5期連続当選しましたが6期目に落選。知事選挙の公認が得られず、県内8人の国会議員を敵に回して無所属で立候補。見事に当選して戦後2人目の民選青森県知事となりました。

医師だった祖父・山崎竜男は、参議院青森地方区、衆院選青森1区と2度落選したのに諦めず、3度目の挑戦で当選し、末は大臣になりましたが、無謀な知事選挙に敗れて引退しました。

読売新聞の父・山崎力は、参議院青森地方区で2勝2敗。去年夏の選挙に惜敗しました。一族の負け数の多さは、私の現役時代と同じです。
山崎力が落選して、もう選挙とは縁が切れたと思っていた矢先に4代目の登場です。
山崎力から「次女が竜飛崎のある町の町長選挙に出る。準備の最中」と連絡をいただき、選挙に憑(つ)かれた山崎一家の伝統を継ぐ人材の存在を知ってビックリしました。
「家族に選挙やるような子がいるなんて知らなかった。何をしていた娘さん?」
「青森の水産会社の社員。35才です」
「町長選挙の相手はどんな人」
「4選を目指す79才の現職町長。最初に選挙しただけであとは無競争。結子は無風選挙を断つ。生き生きとした町政を実現すると意気込んでいます」
「オヤジよりしっかりしている。そりゃ、お嬢が勝つ。しかも圧勝するねぇ」

その通りになりました。
血は争えないとはよく言ったものです。脱帽!
(元内閣官房副長官)