So-net無料ブログ作成
検索選択

◎俳談

◎俳談
【話し言葉がそのまま俳句に】
指を折って五七五をつくっていると、時々調子のいい話し言葉に飛び付きたくなる。子規もそうであったらしい。若いころ母親に「寒いね」と語りかけると母親は
毎年よ彼岸の入に寒いのは
と答えた。これをそのまま一句にしたためてしまったのが掲句である。俳句は自由な芸術であり、季語が入っていれば口語調であっても許される。筆者も茶の間の話し言葉をそのまま使った句がある。
春宵の泣くなと言へばなほ泣いて 産経俳壇1席
愁嘆場のやりとりだが昔の話だ。
昔ジルバが流行った。
黒揚羽雨のジルバを踊らうか 産経俳壇入選
虚子も詠んでいる。
初蝶来何色と問ふ黄色と答ふ