So-net無料ブログ作成
検索選択

◎俳談

◎俳談
【忌日の句】
 著名人やとりわけ俳人、歌人などの忌日に、その故人を偲ぶ俳句を忌日の句という。西行忌、芭蕉忌、一茶忌、子規忌、漱石忌などが有名だ。忌日を詠むこつは何気ない日常を詠むことである。故人にゆかりの強いことを詠むと、即(つ)きすぎとなりやすい。せいぜい故人とは“かする”ていどの関係が良い。
浅酌をして大石忌過ごしけり 日経俳壇2席
大石内蔵助の切腹した2月4日を詠んだ。大石と全く関係のない私事を詠んでいるが、かすかに「酌」が“かする”程度である。大石は幕府の目をごまかすために京都で茶屋遊びにうつつを抜かしたといわれるが、掲句を深読みすれば茶屋での「酌」がイメージが醸し出されるのだ。触れてもこれくらいにすませると嫌みにならない。
同様に陰暦11月19日の一茶忌は
雪降れば馬の目濡らす一茶の忌 毎日俳壇入選
と詠んだ。当たり前の自然現象であるが、一茶に「馬」の俳句が多いことから、これもさりげなく「馬」を入れた。
鴎外の墓にも花を桜桃忌 毎日俳壇入選
太宰治の6月19日の忌である桜桃忌を詠んだが、太宰の墓の前には森鴎外の墓もある。森鴎外を尊敬してやまなかった太宰治は、生前三鷹の禅林寺にある鴎外の墓について、「ここの墓所は清潔で、鴎外の文章の片影がある。私の汚い骨も、こんな小奇麗な墓所の片隅に埋められたら、死後の救いがあるかもしれない」と書いている。
その意を汲んで、美智子夫人が太宰をこの寺の鴎外の墓の側に葬ったものだ。
太平洋戦争の敗戦を記念した忌日もある。沖縄忌と原爆忌だ。
捻子まけば動くヒコーキ沖縄忌 毎日俳壇入選
6月23日。太平洋戦争の終わりの頃、沖縄は日米の最後の決戦地になり、多くの民間人が犠牲になった。沖縄の日本軍が壊滅したこの日を、沖縄忌という。
原爆忌は広島、長崎に原爆が落ちた忌日だ。
真夜中の北斗のひかり原爆忌 杉の子